コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開元釈教録 かいげんしゃっきょうろくKai-yuan shi-jiao-lu

2件 の用語解説(開元釈教録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開元釈教録
かいげんしゃっきょうろく
Kai-yuan shi-jiao-lu

中国,唐の智昇編の訳経目録。略して『開元録』。 20巻。開元 18 (730) 年成立。中国に仏教が伝わってからだいたい 660年間に 176人の人々によって訳出された大小乗の経律論の三蔵と訳出者らの伝記,失訳 (訳者不明のこと) ,欠本などを記録した書物。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいげんしゃっきょうろく【開元釈教録 Kāi yuán shì jiào lù】

中国,唐代の僧智昇が730年(開元18)に撰した20巻の一切経目録。初めの《総括群経録》10巻は,後漢から730年までの漢訳仏典と訳者の伝を記す。後の《別分乗蔵録》10巻は,入蔵録と従属目録から成り,現定入蔵録として1076部5048巻を収める。本録は訳経を重視するがゆえに,中国撰述の論著にやや疎略な面がある。しかし,既存の諸経録の誤りを正し,整然たる体裁をもち,後世の経録の範とされ,大蔵経(一切経)に収むべき仏教経典の基準とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の開元釈教録の言及

【大蔵経】より

…これらの衆経ないし三蔵を,北朝の北魏で〈一切経〉と呼び,南朝の梁で〈大蔵経〉と呼んだといい,隋・唐初に及んで両者の名称が確立し,写経の書式も定着した。隋・唐時代にも多くの仏典目録が編纂されたが,最も重要なのは730年(開元18)に完成した智昇撰《開元釈教録》20巻である。智昇は,南北朝以来の経典分類法を踏襲して大乗の三蔵と小乗の三蔵および聖賢集伝とに三大別し,そのうち大乗経典を般若,宝積,大集,華厳,涅槃の五大部としたうえで,大蔵経に編入すべき仏典の総数を5048巻と決定した。…

※「開元釈教録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone