コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訳経 やくきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

訳経
やくきょう

仏教用語。翻経ともいう。サンスクリット語パーリ語,または西域言語などによって伝えられていた仏典を中国語に訳すこと。経典は,仏教の歴史のなかでは種々の国の言語に訳されているが,普通訳経というときは中国語への翻訳を意味している。後漢時代に始り,安世高鳩摩羅什などの西域人や,玄奘などの中国人によって訳された。多くは国家的事業として訳経院が設置され,訳主のほかに大勢の人々の協力によりなされた。現在『大正新脩大蔵経』に収録されている中国語の翻訳仏典は 1714部,6180巻に上る。1回訳の単訳と,2回以上訳された重訳または同本異訳があるが,語系が異なるために翻訳がむずかしく,翻訳不可能の用語もあり,使用した原本の相違や訳者の解釈の違いによって,同一の内容のものはほとんどない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

訳経の関連キーワード求那跋陀羅(ぐなばっだら)鳩摩羅什(くまらじゅう)リンチェン・サンポクマーラジーバ三蔵(仏教)レルパチェン太平興国寺一切経音義出三蔵記集林屋友次郎開元釈教録歴代三宝紀菩提流支三蔵法師支婁迦讖般若流支求那跋摩善無畏竺法蘭曇無讖

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android