コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史批評辞典 れきしひひょうじてんDictionnaire historique et critique

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歴史批評辞典
れきしひひょうじてん
Dictionnaire historique et critique

フランスの哲学者ピエール・ベールの著した百科全書的事典。1697年オランダのロッテルダムで 2巻本として出版され,その後増補が重ねられた。各項目の記述は史的と批判的の 2部に分かれ,まず見出し語の概念についての事実が簡略に記され,次に多くの引用を用いつつ長い注解が展開される。そこでは特に誤謬に対する批判,哲学的反省が大きな部分を占める。著者の碩学ぶりと相まって,いきいきとした精神で記述されており,その合理主義的宗教観を含めてドゥニ・ディドロ,ジャン・ダランベールの『百科全書』Encyclopédie ou Dictionnaire raisonné des sciences, des arts et des métiersのさきがけとされる。著者は教皇,王,教父,皇帝,聖書中の人物などの名を意図的に排除したので,重要な項目が欠けているのが欠点。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

歴史批評辞典の関連キーワード歴史的批判的辞典

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android