コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史認識 れきしにんしき

1件 の用語解説(歴史認識の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

歴史認識

第2次世界大戦に至る過程と大戦そのものをどのように認識するのか、という問題。1993年に細川護煕首相が「過去のわが国の侵略行為や植民地支配など」が多くの被害を与えたことを深く反省しお詫びの気持ちをもつ、と初めて明確に表明した。95年8月15日、村山富市首相は「首相談話」で「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を進んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」と述べた。この認識が橋本龍太郎内閣小渕恵三内閣にも踏襲された。2001年に入り、歴史認識の具体的問題といえる教科書問題と靖国神社参拝問題が浮上、中韓との関係は冷却化した。教科書問題はすでに1982年に起きており、文部省(当時)は検定基準に「近・現代におけるアジア諸国との関係の記述について配慮する」という近隣諸国条項を加えていた。2001年の教科書問題は、「新しい歴史教科書をつくる会」主導で編集された中学歴史教科書(扶桑社)を中心に、日本側の歴史認識に対して韓国・中国が反発した。特に(1)自国賛美、(2)過去(侵略と植民地支配)の過ちの軽視、(3)支配された側への感性のなさ、(4)対話を不可能とする独善性、などが問題視された。同社の教科書の採択率は低い。

(高橋進 東京大学大学院法学政治学研究科教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歴史認識の関連キーワード三国協商チーホノフレマルク欧州大戦世界大戦第二次世界大戦生産過程BIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)カステルヌーヴォ=テデスコ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歴史認識の関連情報