コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死への存在 しへのそんざいSein zum Tode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死への存在
しへのそんざい
Sein zum Tode

ハイデガーの初期実存哲学の主要概念。ハイデガーはキルケゴールの『にいたる病』 (1849) に説かれた無の不安の分析をうけて,それを実存論的に解釈し,無が人間存在においては具体的様態として現れることを説いた (『存在と時間』 1927) 。すなわち死は生物に本質的に属するものであり,世界内存在である人間存在の根拠である無の現象である。人間がこの死を気づかずにいるとき,彼は非本来的自己,無人称的人間とされ,これを運命的覚悟性として引受けるとき本来的自己となり,人間的自由,人間的責任を覚知する存在になるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

死への存在の関連キーワードハイデガー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死への存在の関連情報