コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死後経過時間 しごけいかじかん post-mortem interval

2件 の用語解説(死後経過時間の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死後経過時間
しごけいかじかん
post-mortem interval

死体温度,死体硬直,死斑,乾燥,自家融解,腐敗のような死体現象 (死亡に伴って人体に現れてくる現象) からおもに判断されるが,確定しがたい。食物の消化度や消化管内の停留度,毛髪の長さのように,死とともに進行の停止ないし低下する現象も,死後経過時間推測の助けになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

死後経過時間【しごけいかじかん】

法医学上,発見された死体の死亡時刻推定のため算定されるもの。諸種の死体現象の進行状況を総合して判定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

死後経過時間の関連キーワード死体硬直死斑遺屍検案死体現象僵屍屍蝋死体を探せ自家融解死体温

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone