コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残響室 ざんきょうしつreverberation chamber

世界大百科事典 第2版の解説

ざんきょうしつ【残響室 reverberation chamber】

音響実験室の一つで,周囲の壁面における音の吸収をできるだけ少なくして長い残響をもつようにくふうした室をいう。室内の響きのまったくない無響室と対比される。壁としては,音がよく反射する厚いコンクリートやコンクリートにタイルを張りつけた材料が使われている。長い残響を利用して,ホールやスタジオの音響設計に必要な内装材料の吸音率測定スピーカーシステムの音の放射効率の測定に用いられる。また,二つの残響室を開口部でつなぎ合わせ,この開口部に窓ガラスなどの試験体を設置して,材料の遮音特性を測定することも行われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ざんきょう‐しつ〔ザンキヤウ‐〕【残響室】

壁・床・天井などの音の反射率を大きくし、残響が長時間続く部屋。自動車の遮音性能の評価や音響材料の吸音率の測定などに用いられる。→無響室

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の残響室の言及

【無響室】より

…周囲の壁面での音の反射をほとんどなくして,室内の響きがまったくないように作られた室をいう。室内の響きをできるだけ長くした残響室と対比される。 床,天井,壁の吸音材料として,一般には,ガラス繊維材などの多孔質吸音材料をくさび形に成形した材料が数多く使われている。…

※「残響室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

残響室の関連キーワード佐藤 孝二

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android