コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残響 ざんきょう reverberation

翻訳|reverberation

6件 の用語解説(残響の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残響
ざんきょう
reverberation

音源の振動を停止したのちも,引続いて音が聞える現象。これは反射波が残ったためで,室内の音場が十分拡散したときは,残響の音圧はほぼ対数的に減衰する。残響の程度は,音源を断ってから,室内の音の強さが 60dB減衰するのに要する時間で表わされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざん‐きょう〔‐キヤウ〕【残響】

音源が振動をやめたあとも、天井や壁などからの反射が繰り返されて、音が引き続き聞こえる現象。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

残響【ざんきょう】

室内で発音体の振動が終わった後も壁や天井等による反射のため引き続き音が聞こえる現象。室の音響効果にきわめて重要で,その程度を残響時間(発音体の振動が止まってから音の強さが100万分の1になるまでの時間)で表す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ざんきょう【残響 reverberation】

室内などの閉空間で音を出すと,それを止めた後にも響きが残る。これを残響といい,音源から放射された音が壁,天井,床などで何度も反射を繰り返しながら徐々に減衰するために生ずる。音楽などが余韻を伴って潤い豊かに聞こえるためには適度の残響が必要であり,コンサートホールや劇場などは,それぞれの用途に適した残響が生ずるように作られている。残響の程度は一般に残響時間で表される。この量は,室内に一定の強さの音を出し,定常状態に達してからそれを止め,室内の音のエネルギー密度が定常状態のときに比べて1/106(60dB)に減衰するまでの時間をいい,室容積,周壁の材料の吸音率,室内の家具類や人間の吸音力から計算することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ざんきょう【残響】

室内で、音源が止まったあと、壁・天井などの反射によって引き続いて聞こえる響き。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

残響
ざんきょう
reverberation

大きな室内において音源の音が停止したのち、しばらくの間、聞こえる連続的な反射音。これはさまざまな経路を通って到達してくる、壁などでの反射音が重なり合ったものである。反射の際そのエネルギーの一部が吸収されるため、残響の強さは一般に指数関数的に減衰し、最後には消滅する。したがってその音圧レベルAのように時間とともに直線的に下降する。ただし、複雑な音響特性の室ではBのようにこの直線が折れ曲がることもある。[比企能夫]

残響時間

音源が止まったときから計り、残響音のエネルギーが最初の値の100万分の1になるまでの時間を残響時間という。残響時間Tを与える式は建築音響学の創始者セービンPaul Earls Sabine(1879―1958)によって最初に実験的に求められ、
  T=0.161VS
と表された。ここでV(立方メートル)は室の体積、S(平方メートル)は壁の面積、αは壁の平均の吸音率(音のエネルギーの吸収される割合)である。ただし、ホールなどの場合、αは座席の材質や、聴衆の数によっても変わってくる。最近では、もっと多くの要素を考慮した残響時間の式がいくつか提案されている。適当と考えられる残響時間はそのホールの使用目的によっても異なり、音楽の場合1.5~2.5秒程度、講演では1.0~1.5秒程度とされている。[比企能夫]
『前川純一著『建築音響』(1978・共立出版) ▽チャールズ・テイラー著、佐竹淳・林大訳『音の不思議をさぐる――音楽と楽器の科学』(1998・大月書店) ▽ハインリッヒ・クットルフ著、藤原恭司・日高孝之訳『室内音響学――建築の響きとその理論』(2003・市ヶ谷出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の残響の言及

【エコー装置】より

…室内音響では,これを反響と名付け,音源から直接に到来した音波に対し,それと聴感上区別できるような時間遅れをもつ反射音波をいう。反響に対し,音が室内の壁や天井,床などで反射を繰り返し全体に響く響きを残響という。しかし,用語の上で両者は混用されており,残響をエコーと俗称することが多い。…

※「残響」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

残響の関連キーワード逆止め弁哀れを止める息の根を止める閂止めドラミング廃番葦原蟹ダイブホーンタンクバンカーストッピング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

残響の関連情報