コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殺し場 ころしば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殺し場
ころしば

歌舞伎の殺人場面およびその演出をいう。仇討物のなかで多く行われる。敵にめぐり合いながら,逆に返り討ちになるという設定で,殺人場面が歓迎された。また世話物では,「縁切り」の結末として設けられるのが常である。闘争 (立回り) で見せる型やそれを彩る音楽によって,残忍さを美的に表現する工夫がなされている。幕末期には退廃的な世相を反映して,責めさいなむ「責め場」の要素を加え,刺激の強い悽惨な演出も行われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ころし‐ば【殺し場】

歌舞伎演劇などで、殺人の場面。また、その演出。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ころしば【殺し場】

芝居で、殺人の場面、およびその演出。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

殺し場の関連キーワード曽我綉侠御所染伊勢音頭恋寝刃夏祭浪花鑑愛想尽かし祇園囃子葛西念仏一つ鉦待宵悲劇芝居

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android