コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母系社会 ボケイシャカイ

大辞林 第三版の解説

ぼけいしゃかい【母系社会】

母方の系統の血縁によって、血縁集団を形成する社会。子供は母方の集団に帰属し、財産や地位は母の兄弟から姉妹の息子へ相続・継承される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の母系社会の言及

【アフリカ】より

… 狩猟民の場合,その生活単位は父系血縁集団であり,したがって妻が夫のもとへ移り住む父(夫)方居住制(嫁入婚)となる。父系血縁集団で出自も父系をたどる例は農耕民にもみられるが,赤道アフリカ地域は〈母系ベルト〉と呼ばれるように母系出自を重視する母系社会が広く分布している。たとえばヨンベ,コンゴ,ベンバ,ビサ,ランバ,ヤオ,チェワなどの諸部族があげられる。…

※「母系社会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

母系社会の関連情報