毒蛾皮膚炎(読み)どくがひふえん(英語表記)Dermatitis to Moths and Caterpillars of Euproctis Species

家庭医学館の解説

どくがひふえん【毒蛾皮膚炎 Dermatitis to Moths and Caterpillars of Euproctis Species】

[どんな病気か]
 ドクガ科のドクガ、チャドクガモンシロドクガなどの成虫や幼虫による皮膚炎を毒蛾皮膚炎といいます。幼虫のからだにある無数の毒針毛が人の皮膚に突き刺さると、炎症をおこし、かゆみの強い小さな丘疹(きゅうしん)がたくさんできます。被害は5月から8月に集中します。
 ドクガとモンシロドクガの幼虫はサクラ、カキ、ウメ、バラ、クワなど、チャドクガの幼虫はツバキ、サザンカ、チャなどの葉を食べて成育します。
[治療]
 毒蛾に触れてかゆみを感じたら、かきむしらず、ただちに水道水で毒針毛を洗い流し、その後、止痒薬(しようやく)(かゆみどめ)や副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン配合の軟膏(なんこう)を塗布します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android