コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒蛾 ドクガ

デジタル大辞泉の解説

どく‐が【毒×蛾】

ドクガ科の昆虫。翅(はね)の開張4センチくらいで、全体に黄色。幼虫は黄褐色で肉いぼが黒く、毒毛をもつ毛虫で、桜・梅など多種の樹木の葉を食害。幼虫・成虫とも、人が触れると皮膚炎を起こす。
鱗翅(りんし)目ドクガ科の昆虫の総称。口吻(こうふん)は退化している。夜行性。ドクガ・チャドクガ・マイマイガなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくが【毒蛾】

ドクガ科に属するガの総称。ドクガ・チャドクガ・マイマイガなど。
の一種。開張約4センチメートル。全身濃黄色で前ばね中央に褐色帯がある。七月頃出現して灯火に飛来する。幼虫はサクラ・クヌギなどを食害する毛虫で、黒色の地に橙色の紋がある。幼虫・成虫とも毒毛をもち、これに触れると激しいかゆみに襲われる。日本全土と東アジアに分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

毒蛾 (ドクガ)

学名:Euproctis flava
動物。ドクガ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android