コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比企氏 ひきうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比企氏
ひきうじ

武蔵国比企郡より起る。藤原秀郷の後裔で,能貴を祖とするという。鎌倉時代初期にその活躍がみられる。源頼朝の乳母であった比企尼は,伊豆配流中の頼朝に尽し,養子能員も,頼朝の挙兵以来,彼に従って功を重ねた。能員の女若狭局が2代将軍源頼家の妻となり,長子一幡をもうけると,比企一族は将軍のうしろだてとして権勢をふるい,次第に北条氏と対立していった。頼家の病重い建仁3 (1203) 年,一幡と実朝とに家督分割がはかられると,能員は怒り北条氏征伐を企てようとしたが,かえって謀殺され,子宗員,一幡も討たれ,比企一族は滅んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の比企氏の言及

【越中国】より

…勧農使は〈守護人〉とも称され,国衙指揮権をももち,後の守護より強大な権限をもつものであった。比企氏の北陸道守護は91年(建久2)以前に一度停止され,再びその一族とみられる大田朝季が越中守護となったが,1203年(建仁3)9月比企の乱によって北条氏一族がこれに替わって守護になったとみられる。その由緒で承久の乱には北条朝時が北陸道大将軍となって西上,これ以後,鎌倉時代を通じてその子孫の名越氏が守護職を世襲した。…

※「比企氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

比企氏の関連キーワード仁田忠常比企能員島津忠久北条義時平賀朝雅金窪行親越後国信濃国越前国源実朝妙本寺島津氏加賀国越中国

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android