コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毘沙門之本地 びしゃもんのほんじ

1件 の用語解説(毘沙門之本地の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

びしゃもんのほんじ【毘沙門之本地】

説経節の曲名。天満(てんま)八太夫の正本で,刊行は宝永(1704‐11)ころ。六段構成。鞍馬の毘沙門天の由来を語る本地物。維縵(ゆいまん)国の金色太子と,くる国の姫宮のはかない恋に始まり,姫は死に,太子は姫のいる〈つついの浄土〉を尋ねるが,三途河の脱衣婆,地蔵菩薩,星,七夕の男,僧侶などの手引きで会うことができた。後に梵天王の命によって太子と姫は毘沙門天と吉祥天になり,鞍馬に鎮座して衆生済度につくす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

毘沙門之本地の関連キーワード五説経正本説経節説経太夫天満節江戸孫四郎佐渡七太夫天満八太夫日暮八太夫(初代)武蔵権太夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone