コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毘沙門之本地 びしゃもんのほんじ

1件 の用語解説(毘沙門之本地の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

びしゃもんのほんじ【毘沙門之本地】

説経節の曲名。天満(てんま)八太夫の正本で,刊行は宝永(1704‐11)ころ。六段構成。鞍馬の毘沙門天の由来を語る本地物。維縵(ゆいまん)国の金色太子と,くる国の姫宮のはかない恋に始まり,姫は死に,太子は姫のいる〈つついの浄土〉を尋ねるが,三途河の脱衣婆,地蔵菩薩,星,七夕の男,僧侶などの手引きで会うことができた。後に梵天王の命によって太子と姫は毘沙門天と吉祥天になり,鞍馬に鎮座して衆生済度につくす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone