毘沙門之本地(読み)びしゃもんのほんじ

世界大百科事典 第2版の解説

びしゃもんのほんじ【毘沙門之本地】

説経節の曲名。天満(てんま)八太夫正本で,刊行は宝永(1704‐11)ころ。六段構成。鞍馬毘沙門天の由来を語る本地物。維縵(ゆいまん)国の金色太子と,くる国の姫宮のはかない恋に始まり,姫は死に,太子は姫のいる〈つついの浄土〉を尋ねるが,三途河の脱衣婆,地蔵菩薩,星,七夕の男,僧侶などの手引きで会うことができた。後に梵天王の命によって太子と姫は毘沙門天と吉祥天になり,鞍馬に鎮座して衆生済度につくす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android