コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衆生済度 シュジョウサイド

デジタル大辞泉の解説

しゅじょう‐さいど〔シユジヤウ‐〕【衆生済度】

仏語。迷い苦しみから衆生を救って、悟りの世界に渡し導くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅじょうさいど【衆生済度】

〘仏〙 仏・菩薩などが衆生を迷いの中から救済して悟りを得させること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の衆生済度の言及

【衆生】より

…仏教では救済の対象を一切の人間,いのちあるすべてのものに置いているから,衆生の語は古今を問わず,仏教圏ではつねに用いられている。衆生を救済して彼岸にわたすことを〈衆生済度(さいど)〉という。造像銘文や写経などの跋文に,それら宗教的作善(さぜん)の功徳(くどく)をめぐらしたいものとして〈法界衆生(全世界,あらゆる場所の衆生)〉〈法界含識〉〈含霊之類〉などの語が記されている。…

※「衆生済度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

衆生済度の関連キーワード叡尊(えいぞん)毘沙門之本地名数小辞典本迹二門千手観音蔵王権現瑩山紹瑾普賢菩薩三昧耶形救世円通遊行人浮御堂竹生島霊宝経道教三会仏語菩薩風呂非滅

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android