コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利家文書 もうりけもんじょ

百科事典マイペディアの解説

毛利家文書【もうりけもんじょ】

毛利家伝来の古文書。鎌倉末・南北朝時代からの文書を含むが,領国を拡大して戦国大名に成長する過程をよく伝える史料として貴重だが,とくに毛利元就(もうりもとなり)・隆元(たかもと)父子間の自筆書状が多く残されていることでも知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛利家文書
もうりけもんじょ

安芸(あき)国吉田荘(よしだのしょう)(広島県安芸高田(たかた)市吉田町)の地頭(じとう)から、中国地方を支配する強大な戦国大名となった毛利氏に伝えられた古文書。1177年(治承1)より1724年(享保9)に至る1575通が残されているが、とくに戦国大名研究に豊富な史料を提供するもので、その家臣団編成や大名領国支配体制のあり方を考えるうえで重要な史料である。毛利氏は江戸時代には長州藩主となり明治に至っている。『大日本古文書 家わけ8』所収。[外園豊基]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

毛利家文書の関連キーワード小侍従局大方殿しん妙玖

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android