コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利家文書 もうりけもんじょ

2件 の用語解説(毛利家文書の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

毛利家文書【もうりけもんじょ】

毛利家伝来の古文書。鎌倉末・南北朝時代からの文書を含むが,領国を拡大して戦国大名に成長する過程をよく伝える史料として貴重だが,とくに毛利元就(もうりもとなり)・隆元(たかもと)父子間の自筆書状が多く残されていることでも知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛利家文書
もうりけもんじょ

安芸(あき)国吉田荘(よしだのしょう)(広島県安芸高田(たかた)市吉田町)の地頭(じとう)から、中国地方を支配する強大な戦国大名となった毛利氏に伝えられた古文書。1177年(治承1)より1724年(享保9)に至る1575通が残されているが、とくに戦国大名研究に豊富な史料を提供するもので、その家臣団編成や大名領国支配体制のあり方を考えるうえで重要な史料である。毛利氏は江戸時代には長州藩主となり明治に至っている。『大日本古文書 家わけ8』所収。[外園豊基]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛利家文書の関連キーワード三房大覚寺統和歌四天王兼光向阿貞宗正倉院文書富樫吉野朝時代県立文書館

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毛利家文書の関連情報