コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利斉広 もうり なりとお

美術人名辞典の解説

毛利斉広

江戸後期の大名。長門萩藩毛利家十二代当主十代斉熙の次男。幼名は保三郎、号は泰斎。将軍家斉の十八女和姫を夫人に迎える。従四位下侍従、左近衛権少将。天保7年(1836)歿、23才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利斉広 もうり-なりとお

1814-1837* 江戸時代後期の大名。
文化11年5月16日生まれ。毛利斉煕(なりひろ)の次男。天保(てんぽう)7年長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主毛利家12代となる。在任わずか20日間で,同年12月29日死去。23歳。学問このみ,「事斯語(じしご)」「本固論」などの著述をのこした。初名は崇広。号は泰斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

毛利斉広 (もうりなりとう)

生年月日:1814年5月16日
江戸時代後期の大名
1836年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

毛利斉広の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android