コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利新介 もうり しんすけ

2件 の用語解説(毛利新介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利新介 もうり-しんすけ

?-1582 戦国-織豊時代の武士。
織田信長の家臣。桶狭間(おけはざま)の戦いのとき,今川義元の首をとったことで有名。黒母衣(くろほろ)衆(馬廻り)にくわえられる。天正(てんしょう)10年6月2日本能寺の変のとき,織田信忠にしたがって二条御所で討ち死に。名は良勝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

毛利新介

没年:天正10.6.2(1582.6.21)
生年:生年不詳
戦国・安土桃山時代の武将。名は良勝。尾張の出身。織田信長に仕え,永禄3(1560)年桶狭間の戦のとき,服部小平太がまず今川義元に切りかかり,逆に膝を切られて倒れたあと,新介が義元の首を取った。以後,信長の馬廻りである黒母衣衆の一員として各地の戦いに従軍し,永禄12年の伊勢大河内城攻めでは廻番衆として活躍した。本能寺の変のときは織田信忠に従って二条御所を守り,信忠の討死に殉じた。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛利新介の関連キーワード池田秀雄文閑細川玄旨牧興相山岡如軒安土桃山時代黒田如水日本史蜂須賀小六内ケ島氏理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone