毛利登(読み)もうり のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利登 もうり-のぼる

1902-1987 昭和時代の美術史家。
明治35年12月14日生まれ。昭和2年宮内省で即位大礼用神宝類図案を設計戦後は東京国立文化財研究所修理技術研究室長をへて,38年東京芸大教授となる。日本文様史を研究。昭和62年1月20日死去。84歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。著作に「日本の文様美術」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android