コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛繻子 ケジュス

大辞林 第三版の解説

けじゅす【毛繻子】

たて糸に綿糸、緯よこ糸に毛糸を用いた綾織物。滑らかで光沢がある。衣服の裏地にする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の毛繻子の言及

【繻子】より

…現在では経糸に生糸2本を引きそろえ,緯糸に同じく生糸4~6本を引きそろえたものを用いて八枚繻子組織とし,精練後に厚い裏糊を施したものをいう。 繻子の材質は絹にかぎらず,経に絹,緯に木綿を用いた交織の繻子,経・緯糸とも綿糸を用いた綿繻子,経に綿糸,緯に毛糸を用いた毛繻子,さらに化繊によるものなどがある。用途は,江戸時代にはしなやかな光沢のある特性を生かして小袖や帯,能装束の摺箔(すりはく),縫箔,狩衣などに広く用いられてきたが,現在の着物では花嫁の打掛以外にはあまり単独で用いられることはなく,帯やコート地に利用されているのにとどまる。…

※「毛繻子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android