コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毫光 ゴウコウ

デジタル大辞泉の解説

ごう‐こう〔ガウクワウ〕【×毫光】

仏の眉間(みけん)の白毫(びゃくごう)から四方に出る細い光。智慧にたとえられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうこう【毫光】

仏の白毫びやくごうから四方に放射する細い光線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

毫光の関連キーワード傲・剛・劫・号・合・囂・壕・強・拷・業・毫・濠・號・豪・轟・郷レンジェル三十二相光背御仏

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android