コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氏子組織 うじこそしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氏子組織
うじこそしき

地域社会の守護神あるいは産土神 (うぶすながみ) として祀られている氏神を,氏子である村人が共同で維持するために構成した組織。祭礼などを通じ,一つの集団としての団結強化をはかるうえで大きな役割を果した。組織総代に村落有力者が就任することにより,階層的支配の機能も果した。また近畿地方などでは,氏子のなかから神を祭祀する宮座を発達させてきた地域もある。氏子組織は地域組織と一体化している場合が多いが,都市化による転入者の増加によって,両者の組織を分離する地域も出てきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

氏子組織の関連キーワード上鴨川住吉神社神事舞涌出宮の宮座行事アウエハント

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android