民度(読み)みんど

精選版 日本国語大辞典「民度」の解説

みん‐ど【民度】

〘名〙 国民あるいは住民の生活の貧富文明の進歩の程
随筆てんやわんや(1949)〈獅子文六〉はやりぜに「要するに、あらゆる点から、民度が低いのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「民度」の解説

みん‐ど【民度】

国民や住民の生活程度、また、経済力や文明の進歩の程度。「民度が高い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android