コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民間有人飛行 みんかんゆうじんひこう

1件 の用語解説(民間有人飛行の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

民間有人飛行

英国の民間会社ヴァージングループが、2008年からの民間宇宙旅行の受け付けを開始した。スタート時は週1便、将来的に1日1便の運航を計画している。同社は宇宙旅行の日本での販売権を取得し、手始めに7人分を募集する。費用は1人20万ドル、年齢は16歳以上、性別は問わない。搭乗前に米国で3日間程度の訓練を受ける。その6人乗りの宇宙船は、スペース・シップ・ワンの技術提供を受けて、ヴァージングループが開発する。米カリフォルニア州の空港を飛び立ち、高度100kmの宇宙空間に約25分間滞在し地球に帰還する。宇宙空間では安全ベルトを外し、機内で4〜5分間の無重力体験ができる。なお、軌道宇宙飛行レースとしてアメリカズ・スペース・プライズが立ち上がり、米国の民間宇宙飛行支援法の成立に後押しされるかたちで、米宇宙旅行業界によるプライベート・スペーストラベル連盟の発足、FAA(米連邦航空局)の宇宙旅行ガイドラインの発表、イーロンマスクの再使用型軌道向け宇宙機ファルコンの開発、ブルーオリジンの垂直離着陸式再使用型宇宙機の打ち上げ計画発表、ロケットプレーンやスペースアドベンチャー社の宇宙旅行ビジネスの企画が本格化した。また、カナダではダビンチ・プロジェクトの進展など、軌道飛行・弾道飛行の両方にわたって、民間による宇宙飛行の動きが活発化しつつある。

(的川泰宣 宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone