気は心(読み)キハココロ

  • は 心(こころ)
  • 気(き)は心

デジタル大辞泉の解説

額や量は少ないが、真心をこめているということ。贈り物をするときなどにいう言葉。「気は心ですから、少しだけ値引きします」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

わずかでも気のすむようにすれば心も落ち着くこと。量は少なくとも誠意の一端を示すこと。贈物などをする時に用いる。
※俳諧・武玉川(1750‐76)九「出代りや三粒降ても気は心」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

たとえわずかなことでも人に尽くしたと思えばも落ち着く。また、ちょっとしたことでも誠意は示すことができ、相手にも気持ちが通じる。

[使用例] だってお姉さまは今日のお料理をお引き受けになったでしょ、一番お得意のことをなさるんですもの、私だって私の一番得意のことをしたいのよ。やっぱり気は心だわ[森本薫*女の一生|1946]

[類句] ちりを結んでもこころざし

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android