コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森本薫 もりもとかおる

7件 の用語解説(森本薫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森本薫
もりもとかおる

[生]1912.6.4. 大阪
[没]1946.10.6. 京都
劇作家。京都大学在学中に『わが家』 (1934) が上演され,翌年岸田国士に師事,『華々しき一族』 (35) など心理分析劇の佳作を相次いで発表。 1941年文学座に参加,『怒濤』 (44) ,『女の一生』 (45) などで新生面を切り開いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もりもと‐かおる〔‐かをる〕【森本薫】

[1912~1946]劇作家。大阪の生まれ。豊かな構成力と機知に富んだ対話による新鮮な作風で知られた。作「華々しき一族」「女の一生」「富島松五郎伝」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

森本薫【もりもとかおる】

劇作家。大阪市生れ。京大英文科卒。在学中に戯曲《わが家》などを書いて注目された。《華々しき一族》《かくて新年は》などで近代的な心理主義を追求。1945年の《女の一生》は文学座ヒット作となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森本薫 もりもと-かおる

1912-1946 昭和時代前期の劇作家。
明治45年6月4日生まれ。京都帝大在学中から戯曲「みごとな女」「華々しき一族」などを発表。洗練された会話で,新劇界に新風をもたらした。卒業後文学座にはいり,代表作に「女の一生」。昭和21年10月6日死去。35歳。大阪出身。
【格言など】人間という奴は実によく間違いをする。まるで間違いをする為に何かするみたいだ(「女の一生」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

もりもとかおる【森本薫】

1912‐46(大正1‐昭和21)
劇作家,ラジオドラマ作家。大阪生れ。三高をへて1937年京大英文科卒業。在学中から劇作を志し田宮虎彦らと創刊した同人誌《部屋》に《一家風》(1934)を発表し注目され,《みごとな女》(1934)をきっかけに《劇作》同人となり,《華々しき一族》(1935),《かくて新年は》(1936),《退屈な時間》(1937)を相次いで発表。ノエルカワードやW.S.モームなどの影響をうけ,そのみずみずしいエスプリ,質の高い恋愛心理のアラベスクが新劇界に新風を送った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もりもとかおる【森本薫】

1912~1946) 劇作家。大阪市生まれ。京大卒。心理描写にすぐれ、文学座のために「女の一生」「富島松五郎伝」などを書いた。他に「みごとな女」「華々しき一族」「怒濤」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森本薫
もりもとかおる
(1912―1946)

劇作家。明治45年6月4日、大阪市に生まれる。京都帝国大学英文科卒業。在学中『劇作』同人となり、1934年(昭和9)『新思潮』に発表した『わが家』が築地(つきじ)座で上演され、劇作家としてのスタートを切った。以後『みごとな女』(1934)、『華々しき一族』(1935)、『退屈な時間』(1937)などしゃれた台詞(せりふ)運びによる清新な作品を次々と発表し、左翼演劇に対する芸術派の一翼を担った。また、この期には映画シナリオも手がけ、放送劇の分野でも『薔薇(ばら)』(1936)、『生れた土地』(1938)などの佳品を残している。41年文学座文芸部に入り、岩下俊作(しゅんさく)原作による脚色『富島松五郎伝』(1942)、北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)博士をモデルとする『怒濤(どとう)』(1944)、明治・大正・昭和の三代にわたる一女性の苦難の足跡を描いた『女の一生』(1945)などの作品を書いた。とくに『女の一生』は主人公布引けいを持ち役とする杉村春子の名演によって、文学座の重要なレパートリーの一つとなっている。昭和21年10月6日、肺結核で早世した。[大島 勉]
『『森本薫戯曲全集』全一巻(1968・牧羊社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の森本薫の言及

【女の一生】より

森本薫の戯曲。5幕7場。…

※「森本薫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森本薫の関連キーワード帯ドラマ劇作家ドラマチスト放送劇ラジオドラマカードラジオ連続ドラマラジオ ラジオ英会話ラジオ リトル・チャロ2 心にしみる英語ドラマ北条誠

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森本薫の関連情報