気を付ける(読み)キヲツケル

  • を 付(つ)ける
  • 気(き)を付(つ)・ける

デジタル大辞泉の解説

注意を払う。「失礼のないように―・ける」
元気をつけさせる。
「なまじひなる事し出して敵に―・けつることよ」〈太平記・三〇〉
気づかせる。思い出させる。
「中々なる軍(いくさ)して敵に―・けてはかなふまじとて」〈太平記・三二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① 気づかせる。思い出させる。
※太平記(14C後)三二「中中なる軍して敵に気を著(つケ)ては叶まじとて」
② 注意力をはたらかせる。
※浮世草子・好色貝合(1687)上「傾城のつとめにつき、なひしゃうのうきふし、鑑(かがみ)にかけて悟(さとる)ゆへに、気をつけてのあひさつ」
③ 意識を回復させる。正気にさせる。
※サントスの御作業(1591)一「ミズ ヲ コイ トッテ カヲ ニ ソソキ、qi(キ) uo(ヲ) tçuqe(ツケ) タマウ モノ ナリ」
④ 元気をとりもどす。景気づける。
※太平記(14C後)三〇「此の人人憖(なまじひ)なる事為出して敵に気を著ける事よと」
※狂言記・抜殻(1660)「とのさま、身どもに此やうにお気(キ)をつけられまするをば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android