気を付ける(読み)キヲツケル

デジタル大辞泉の解説

気(き)を付(つ)・ける

注意を払う。「失礼のないように―・ける」
元気をつけさせる。
「なまじひなる事し出して敵に―・けつることよ」〈太平記・三〇〉
気づかせる。思い出させる。
「中々なる軍(いくさ)して敵に―・けてはかなふまじとて」〈太平記・三二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きをつける【気を付ける】

注意する。気をくばる。 「火の元に-・けること」
元気を回復させる。 「此の人々なまじひなる事し出して敵に-・けつる事よ/太平記 30
気づかせる。 「定めて忘れさせられた物で有らう、立戻つて-・けて見う/狂言・抜殻 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き【気】 を 付(つ)ける

づかせる。思い出させる。
※太平記(14C後)三二「中中なる軍して敵に気を著(つケ)ては叶まじとて」
② 注意力をはたらかせる。
※浮世草子・好色貝合(1687)上「傾城のつとめにつき、なひしゃうのうきふし、鑑(かがみ)にかけて悟(さとる)ゆへに、気をつけてのあひさつ」
③ 意識を回復させる。正気にさせる。
※サントスの御作業(1591)一「ミズ ヲ コイ トッテ カヲ ニ ソソキ、qi(キ) uo(ヲ) tçuqe(ツケ) タマウ モノ ナリ」
④ 元気をとりもどす。景気づける。
※太平記(14C後)三〇「此の人人憖(なまじひ)なる事為出して敵に気を著ける事よと」
※狂言記・抜殻(1660)「とのさま、身どもに此やうにお気(キ)をつけられまするをば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気を付けるの関連情報