コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失礼 シチライ

デジタル大辞泉の解説

しち‐らい【失礼】

しつれい(失礼)」に同じ。
「天下の―を仕うまつりあへり」〈宇津保・国譲下〉

しつ‐らい【失礼】

しつれい」に同じ。
先達洗湯で御―つかまつりました」〈滑・七偏人・初〉

しつ‐れい【失礼】

[名・形動](スル)
他人に接する際の心得をわきまえていないこと。礼儀に欠けること。また、そのさま。失敬。「失礼なやつ」「先日は失礼しました」
他人のもとを立ち去ることのていねいな言い方。「お先に失礼します」
[感]軽く謝るとき、人に何かたずねたり頼んだりするとき、また人と別れるときなどのあいさつの言葉。「失礼、ちょっと前を通してくださいませんか」「また近いうちに会おう、では失礼
[用法]失礼・失敬無礼――「人の足を踏んでおいて謝りもしないとは失礼な(失敬な・無礼な)やつだ」のように、礼儀を心得ないの意では相通じて用いる。◇「失礼」は、問いかけたり、わびたり、別れたりするときなど、礼儀に外れないために、もっとも普通に男女ともに用いる。また、相手が目上・同輩・目下だれにでも使える。「失礼ですが、山本さんでいらっしゃいますか」「お名前を読み間違えてたいへん失礼いたしました」「お先に失礼」など。◇「失敬」は、やや古い語で、主に男性が同輩・目下に対して使う。敬意の程度は「失礼」よりも軽く、「きのうは失敬した」「これで失敬するよ」などと用いる。◇「無礼」は古風な語で、目上に対して身分をわきまえないという意味合いを含む。「ご無礼いたします」「この無礼者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しつれい【失礼】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
礼儀を欠く振る舞いをする・こと(さま)。失敬。無作法。 「 -なことを言う」 「 -のないようにもてなす」 「先日は-しました」 「ちょっと前を-します」
「失礼します」の形で、目上の人の居る場所に入ったり、退出したりする時に言う挨拶の言葉。 「これで-します」
「失礼ですが」の形で、目上の人や未知の人に自分の言動の無作法さをあらかじめわびて言う語。すみませんが。 「 -ですが、お年はおいくつですか」 「 -ですが、鈴木さんでいらっしゃいますか」
( 感 )
うっかり人に迷惑をかけた時、相手にわび謝る語。 「これは-、おけがはありませんか」
相手に迷惑をかけそうな時に、前もって掛ける語。 「ちょっと-、前を通ります」
相手に呼びかける時にいう語。 「 -、青木さんじゃありませんか」
別れる時にいう語。 「それじゃこれで、-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

失礼の関連キーワード如何いたしまして掻い膝・搔い膝却って・反って喜佐衛門/有久言い分・言分オアシス運動卒爾ながら極まりない卒爾・率爾御免なさい口が過ぎる気を付ける礼を失する恐れ乍ら然りとは心を配る形式名詞用心深い恐れ多い卒爾乍ら

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

失礼の関連情報