コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気体の液化(読み)きたいのえきか(英語表記)liquefaction of gas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気体の液化
きたいのえきか
liquefaction of gas

臨界温度以下に冷却された気体は,適当な圧力を加えれば液化する。臨界温度の著しく低い気体は液化しにくいが,断熱膨張とジュール=トムソン効果を利用すれば可能である。 1877年に L.カイユテは酸素,窒素,空気の液化を,98年に J.デューアは水素の液化を実現した。ヘリウムは臨界温度が低く (-267.9℃) ,一時は永久気体と呼ばれたこともあったが,1908年 H.カマーリング・オネスによって液化に成功した。その後,液化技術が進歩し,現在では市販の装置を使って簡単に液化できるようになった。大量の気体を運ぶよりも液化して運んだほうが運送費が安い場合もあり,多くの気体が液化されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android