気晴(読み)きばらし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 不愉快な気持をさっぱりと払い除くこと。ふさいでいる気分をはらすこと。気散じ。うさばらし。きほうじ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※通俗古今奇観(1814)三「酒をあたため来れ、消悶(キバラシ)せん」
② (Zerstreuung の訳語) 哲学で、人間が自己の実存の重荷にたえかねて、そこから逃避し、他人のことや他のことへと注意の目をむけ、自己の問題性をまぎらわせてしまうことをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android