コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気海 キカイ

デジタル大辞泉の解説

き‐かい【気海】

空気が地球を包んでいるようすを海にたとえていう語。大気のある範囲。
漢方で、へその下方1寸5分(大人で約3センチ)の所。任脈(にんみゃく)に属し、腎炎糖尿病などの治療点。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きかい【気海】

地球を包む空気の広がりを海にたとえていう語。
〔元気の集まる海の意〕 鍼灸医学のつぼ(経穴)の一。へそ下一寸半の所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の気海の言及

【四海】より

…《爾雅(じが)》が中国の九州の外に四極,その外に四荒,さらにその外に四海がひろがり,四海は九夷,八狄,七戎,六蛮など野蛮人の住地であるというのは,海hǎiと晦huìの音声の類似から,海が文明の光のとどかぬ“晦(くら)い”ところと意識されたからである。また中国医学では,人間のからだに髄海,血海,気海,水穀の海の四海を想定し,十二経水がこれら四海に注ぐと考えた。【吉川 忠夫】。…

※「気海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

気海の関連キーワードビャークネス(Jacob Aall Bonnevie Bjerknes)スベルドラップ(Harald Ulrik Sverdrup)アボット・ローレンス ロッチダイポールモード現象日本科学史(年表)大気海洋相互作用テレコネクションニホンウナギ気海観瀾広義海洋大気圏庁海気相互作用海洋研究所大槌(町)川本幸民パルメン鍼灸医学天気予報海洋観測季節予報宇田道隆

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android