コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精気 セイキ

デジタル大辞泉の解説

せい‐き【精気】

万物を生成するもとになるもの。万物の根源の気。「自然の精気
人の生命を活動させるもとになる力。精力。「精気を取り戻す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいき【精気】

生命の源泉である元気。心身の根気。精力。 「 -がつく」
万物を生成する天地の気。 「天地の-煥発して/帰去来 独歩
たましい。精神。
すがすがしい空気。霊気。 〔同音語の「生気」は生き生きとした気力のことであるが、それに対して「精気」は万物を生成する根源の気のことをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の精気の言及

【呼吸】より


【呼吸研究の歴史】
 いき(息)もの,英語のアニマル(ラテン語のanima=息,生命に由来)などの語からもわかるとおり,呼吸と生命は古来密接に結びつけられてきた。空気中のプネウマpneuma(精気)が体内に取り込まれて生体を活気づけるという考えはギリシアにひろく見られ,アリストテレスは3種の精気を区別した。2世紀のローマのガレノスは自然精気が消化,栄養,排出などのいわゆる植物性機能をになうと考えた。…

【生命】より

… 古代にあっても原子論者たとえばエピクロスやルクレティウスにおいては,霊魂も原子の運動にほかならなかったから,生命の唯物論的理解が少なくとも萌芽として存在する。他方,血液の働きを中心とした生命現象の説明には精気(プネウマpneuma)の観念が導入され,生命精気,霊魂精気,自然精気という3種類の精気の説は近代に至るまでもち続けられた。中世にはイスラム圏の学問で若干の生物研究は見られるが,生命観に関しては,アリストテレス的生命観や精気の説がもち続けられ,独特の神秘主義につらぬかれた錬金術や占星術ともいろいろの形で結合したが,生命の科学的解釈への道がとくに開かれることはなかった。…

※「精気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

精気の関連キーワード戾・令・例・冷・励・勵・嶺・戻・玲・礼・禮・鈴・隷・零・霊・靈・麗・齡・齢伯・剥・剝・博・帛・拍・搏・柏・泊・白・箔・粕・膊・舶・薄・迫・魄ホフマン(Friedrich Hoffmann)シベリア・中央アジア神話スワンメルダム野上弥生子経絡治療五臓六腑ロウアーガレノス臍下丹田溢れ出る十羅刹女情念論キンコ帰去来情緒説房中術同音語鳩槃荼

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精気の関連情報