コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気象記念日

3件 の用語解説(気象記念日の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

気象記念日

6月1日。1875年6月1日、気象庁の前身となった東京気象台が設立され、東京で気象と地震の観測が開始されたことを記念し、1942年に制定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きしょうきねんび【気象記念日】

六月一日。1875年同日に東京で気象観測が始められたことを記念して設けられた。気象庁の創立記念日としている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気象記念日
きしょうきねんび

1875年(明治8)6月1日に東京気象台が創立されたのを記念して、1942年(昭和17)に制定された記念日。毎年6月1日。1975年(昭和50)が100年目にあたっていた。気象台の最初の所在地は現在の東京都港区虎ノ門2丁目(当時は葵(あおい)町)。内務省測量司所属で、定員はお雇い外国人のイギリス人ジョイネルH. B. Joyner1人であった。[安田敏明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気象記念日の関連キーワードドゥーマボストーク和達清夫中央気象台雷記念日農薬危害防止運動海苔の日貿易記念日残留孤児・婦人訴訟判決

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気象記念日の関連情報