コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気象記念日

大辞林 第三版の解説

きしょうきねんび【気象記念日】

六月一日。1875年同日に東京で気象観測が始められたことを記念して設けられた。気象庁の創立記念日としている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気象記念日
きしょうきねんび

1875年(明治8)6月1日に東京気象台が創立されたのを記念して、1942年(昭和17)に制定された記念日。毎年6月1日。1975年(昭和50)が100年目にあたっていた。気象台の最初の所在地は現在の東京都港区虎ノ門2丁目(当時は葵(あおい)町)。内務省測量司所属で、定員はお雇い外国人のイギリス人ジョイネルH. B. Joyner1人であった。[安田敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

気象記念日の関連キーワードお雇い外国人世界気象デー気象観測天気図

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android