コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気象記念日

大辞林 第三版の解説

きしょうきねんび【気象記念日】

六月一日。1875年同日に東京で気象観測が始められたことを記念して設けられた。気象庁の創立記念日としている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気象記念日
きしょうきねんび

1875年(明治8)6月1日に東京気象台が創立されたのを記念して、1942年(昭和17)に制定された記念日。毎年6月1日。1975年(昭和50)が100年目にあたっていた。気象台の最初の所在地は現在の東京都港区虎ノ門2丁目(当時は葵(あおい)町)。内務省測量司所属で、定員はお雇い外国人のイギリス人ジョイネルH. B. Joyner1人であった。[安田敏明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

気象記念日の関連キーワードお雇い外国人世界気象デー気象観測天気図

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android