コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気賀林 きが りん

1件 の用語解説(気賀林の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

気賀林 きが-りん

1810-1883 幕末-明治時代の豪商,開拓者。
文化7年生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)引佐郡の気賀家をつぎ,浜名湖北特産の畳表販売で富をきずく。明治2年三方原(みかたはら)の荒地2000haの開墾を静岡藩に建言して普請方をつとめ,6年には浜松県の協力をえて100haの茶園をひらき,製茶業の基礎をかためた。明治16年4月23日死去。74歳。本姓は竹田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の気賀林の言及

【三方原】より

…東側の浜北や富岡の段丘は隆起運動の跡を示す。 乏水性の地形のため台地は曳馬野(ひくまの)と呼ばれた入会採草地であったが,1869年(明治2)士族授産を目的とする開墾で茶園の造成が始まり,気賀林(きがりん)(1810‐83)によって〈百里園〉が開かれた。また昭和初期には飛行第7連隊が置かれ爆撃演習場となった。…

※「気賀林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

気賀林の関連キーワード三国幽眠糸井勘助川崎舎竹郎小曾根乾堂後藤春栄島田八郎左衛門寿道薄庵光門野村治三郎三宅英斎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone