コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気近し ケヂカシ

デジタル大辞泉の解説

け‐ぢか・し【気近し】

[形ク]
近い。身近である。
「―・く臥せ給へるを」〈紅梅
親しい。親しみやすい。
「ただ、宮のさまぞ、―・うをかしげなる」〈・二七八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けぢかし【気近し】

( 形ク )
近い。身近に感ぜられる。 「唐土もろこしの五台山、新羅の峰にまれ、それもなほ-・し/堤中納言 よしなしごと
親しみやすい。うちとけている。 ↔ 気遠し 「御前にまゐりて、-・き御遊びになりぬ/源氏 若菜下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

気近しの関連キーワード気遠し御前

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android