御厨子(読み)みずし

精選版 日本国語大辞典「御厨子」の解説

み‐ずし ‥ヅシ【御厨子】

〘名〙 (「み」は接頭語) 厨子(ずし)を敬っていう語。
仏像を安置しておく具。仏龕(ぶつがん)
※謡曲・輪蔵(1541頃)「守護神の御厨子の、扉はたちまち、四方へ開けて、傅大士二童子、現はれたり」
調度書画などを載せる置き棚。御厨子棚
※宇津保(970‐999頃)国譲上「御文は、〈略〉人にてもふれさせ給はぬみづしにをさめさせ給て」
(10C終)二七八「その次には、まことにみづしが車にぞありければ」
④ 貴人の家で、台所働きをしている女。水仕事をする下女。水仕。
落窪(10C後)一「あこぎ、御手水、粥いかで参らんと思ひて、みづしにやかたらはましと思へど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御厨子」の解説

み‐ずし〔‐ヅシ〕【×厨子】

厨子を敬っていう語。
「唐の紙ども入れさせ給へる―開けさせ給ひて」〈・賢木〉
御厨子所に仕える女官。
「これも―がいとほしがりてゆづりて侍るなり」〈・二七八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android