水力機関(読み)スイリョクキカン

大辞林 第三版の解説

すいりょくきかん【水力機関】

水の流れによって生じる力を機械的エネルギーに換える機械の総称。水車など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すいりょく‐きかん ‥キクヮン【水力機関】

〘名〙 水のエネルギーを利用して動力を発生させる機械の総称。現在は水車以外にほとんど用いられていないが、古くは往復機関のものもあった。水力原動機
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「凡そ銕鋼にて製する、蒸気機関、水力機関の如きも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android