コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水口山 すいこうざんShuǐ koǔ shān

2件 の用語解説(水口山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいこうざん【水口山 Shuǐ koǔ shān】

中国,湖南省南部,常寧県の北東35kmにある中国最大の鉛・亜鉛・銀の鉱山。上部古生層の石灰岩と黒雲母花コウ岩との接触部に形成された接触交代鉱床で,灰鉄輝石ザクロ石から成るスカルン帯の中に,黄銅鉱,黄鉄鉱を伴うセン亜鉛鉱,方鉛鉱の鉱体が存在する。銀は方鉛鉱に含まれる。 水口山の採掘は明代に始まるが,1897年(光緒23),湖南巡撫の陳宝箴(1831‐1900)が開発を推進して本格化した。その後,外国資本がはいって近代的方法による採掘がはかられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水口山
すいこうざん / ショイコウシャン

中国、湖南(こなん/フーナン)省中南部の常寧(じょうねい)県の南約30キロメートルにある中国最大の鉛・亜鉛・銀鉱山。上部古生層の石灰石と黒雲母花崗(かこう)岩との接触部に形成された接触交代鉱床で、閃(せん)亜鉛鉱、含銀方鉛鉱のほか黄銅鉱、黄鉄鉱を伴っている。明(みん)代から採鉱されたと伝えられるが、本格的な開発は1897年に湖南鉱務局が西洋技術導入による近代化を図ってからである。1978年に新鉱床が発見され、1980年代の生産は粗鉱日産1000トンと伝えられている。鉱石は北方15キロメートルにある松柏(しょうはく)精錬所などに送っている。[房村信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水口山の関連キーワードたま電気自動車日傘(ひがさ)効果世界の活火山会津盆地伊豆半島イートン校甑島列島種子島ダンネームラティラナ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone