コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水口山 すいこうざん Shuǐ koǔ shān

2件 の用語解説(水口山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいこうざん【水口山 Shuǐ koǔ shān】

中国,湖南省南部,常寧県の北東35kmにある中国最大の鉛・亜鉛・銀の鉱山。上部古生層の石灰岩と黒雲母花コウ岩との接触部に形成された接触交代鉱床で,灰鉄輝石ザクロ石から成るスカルン帯の中に,黄銅鉱,黄鉄鉱を伴うセン亜鉛鉱,方鉛鉱の鉱体が存在する。銀は方鉛鉱に含まれる。 水口山の採掘は明代に始まるが,1897年(光緒23),湖南巡撫の陳宝箴(1831‐1900)が開発を推進して本格化した。その後,外国資本がはいって近代的方法による採掘がはかられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水口山
すいこうざん / ショイコウシャン

中国、湖南(こなん/フーナン)省中南部の常寧(じょうねい)県の南約30キロメートルにある中国最大の鉛・亜鉛・銀鉱山。上部古生層の石灰石と黒雲母花崗(かこう)岩との接触部に形成された接触交代鉱床で、閃(せん)亜鉛鉱、含銀方鉛鉱のほか黄銅鉱、黄鉄鉱を伴っている。明(みん)代から採鉱されたと伝えられるが、本格的な開発は1897年に湖南鉱務局が西洋技術導入による近代化を図ってからである。1978年に新鉱床が発見され、1980年代の生産は粗鉱日産1000トンと伝えられている。鉱石は北方15キロメートルにある松柏(しょうはく)精錬所などに送っている。[房村信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水口山の関連キーワード岳陽湖南省程潜南岳懐譲桂林湘南常寧殿蒼梧汨羅洛水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone