水干袴(読み)すいかんばかま

精選版 日本国語大辞典「水干袴」の解説

すいかん‐ばかま【水干袴】

〘名〙 水干を着る時にはく狩袴に似た裾の短い括(くく)り袴。後世は長袴。
※能因本枕(10C終)一二三「すりももろかしたるすいかんはかまにてうちうちつづき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の水干袴の言及

【水干】より

…水干のほころびやすい袖付,奥袖と端袖(はたそで)の縫目,身ごろと登(のぼり)(衽(おくみ))の縫目の要所に組ひもをとおして結び,結びあまりをほぐして総(ふさ)として飾り,これを菊綴(きくとじ)と呼んでいる。水干には烏帽子(えぼし)をかぶり,裾口を緒で締めてすぼめるようにした括(くく)り袴をはくが,股立の合せ目のところと膝の上の縫目に左右それぞれ2個ずつ菊綴をつけた水干袴と呼ばれるものも用いられた。下級官人の舎人(とねり),牛飼のほか衛府の官人や武士も水干を用い,鎧の下にも着られた。…

※「水干袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android