コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水干袴 スイカンバカマ

大辞林 第三版の解説

すいかんばかま【水干袴】

水干とともに着用する袴。幅はやや狭く、指貫さしぬき型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水干袴の言及

【水干】より

…水干のほころびやすい袖付,奥袖と端袖(はたそで)の縫目,身ごろと登(のぼり)(衽(おくみ))の縫目の要所に組ひもをとおして結び,結びあまりをほぐして総(ふさ)として飾り,これを菊綴(きくとじ)と呼んでいる。水干には烏帽子(えぼし)をかぶり,裾口を緒で締めてすぼめるようにした括(くく)り袴をはくが,股立の合せ目のところと膝の上の縫目に左右それぞれ2個ずつ菊綴をつけた水干袴と呼ばれるものも用いられた。下級官人の舎人(とねり),牛飼のほか衛府の官人や武士も水干を用い,鎧の下にも着られた。…

※「水干袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水干袴の関連キーワード菊綴股立