コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水平的評価 スイヘイテキヒョウカ

1件 の用語解説(水平的評価の意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

水平的評価

上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数の視点から評価する多面評価360度評価)の一環として実施しています。
(2011/11/28掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水平的評価の関連キーワード垂直的拡張職務命令多面評価(360度評価)三百六十度評価多面評価360度評価多面評価制度名古屋市の行政評価厳格化傾向寛大化傾向

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone