コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水平的評価(読み)スイヘイテキヒョウカ

人事労務用語辞典の解説

水平的評価

上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数の視点から評価する多面評価(360度評価)の一環として実施しています。
(2011/11/28掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android