コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水底噴火 すいていふんか subaqueous eruption

1件 の用語解説(水底噴火の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいていふんか【水底噴火 subaqueous eruption】

地下のマグマが陸上に噴出するかわりに水底に噴出すると,まったく異なった様式の噴火を生ずる。水は空気に比べて熱容量が大きく,高い熱伝導率をもち,また蒸発するときに大量の潜熱を吸収するので,水と接触したマグマは空気と接触したときよりもはるかに急激に冷却される。また深海底では,高い水圧のためマグマ中の揮発性成分の効果的な発泡が阻害され,爆発的な噴火は起こらない。陸上に噴火すればパホイホイ溶岩になるような低粘性の玄武岩質マグマが水底に噴出すると,円筒状や楕円体状の特徴的な構造を有する枕状溶岩を生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水底噴火の関連キーワード火山岩軽石噴出岩マグマ混合マグマ溜まり再生マグマ地下水マグマ性過程アルカリ-カルク・マグマアルカリ性マグマ桜島火山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone