コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水木竹十郎 みずき たけじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水木竹十郎 みずき-たけじゅうろう

1674-1721 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
延宝2年生まれ。初代水木辰之助(たつのすけ)の門人若女方として京都に出演,宝永元年(1704)江戸にうつる。のち初代山中平九郎の娘婿となり,立役(たちやく)に転じた。工藤祐経を演じ,色悪(いろあく)の芸風を創始した。享保(きょうほう)6年9月17日死去。48歳。前名は山本竹十郎。後名は山中竹十郎俳名は花艶。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の水木竹十郎の言及

【色悪】より

…この二つの役がともに4世鶴屋南北の作品であるところからみてもわかるように,江戸後期の文化の爛熟期に完成された役柄。河竹登志夫《色悪考》にも詳述されたが,通説では,この役柄の開祖は女方・二枚目を得意にした水木竹十郎(1674‐1721∥寛文4‐享保6)で,工藤祐経を演じた時初めてこの役柄が登場したという。敵役を得意とした7世市川団蔵は,民谷伊右衛門を初めから敵役で演じるのは間違いで,お岩に惚れているのが変心するところに色悪の性根があると語っている。…

※「水木竹十郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水木竹十郎の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android