コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水溶型天然ガス鉱床 すいようがたてんねんガスこうしょうnatural gas deposit of dissolved-in-water type

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水溶型天然ガス鉱床
すいようがたてんねんガスこうしょう
natural gas deposit of dissolved-in-water type

天然ガス鉱床の一種。ガスの存在状態から分類して,天然ガス鉱床には水溶型のものと遊離型,油溶型のものがある。水溶型天然ガス鉱床は地下の帯水層 (一般に塩分が多い) 中にガスが溶存しているもので,世界各地に分布していると予想されるが,企業的に採取されているのは日本とイタリアである。日本では水溶型天然ガスの採取はおもに新潟県と千葉県で行われていたが,水も同時に汲み上げるので地盤沈下を引起すおそれがあると指摘されている。水中に溶存するガスの割合はその圧力,温度,塩分濃度などによって異なり,深さ 400mの井戸でガスと水の容積比はほぼ1:1である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

水溶型天然ガス鉱床の関連キーワード天然ガス鉱床

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android