水積土(読み)すいせきど

日本大百科全書(ニッポニカ)「水積土」の解説

水積土
すいせきど

完新世(沖積世)にほかの場所で生成された土壌や岩石、土壌の母材などが流水によって運ばれ、離れた別の場所に堆積(たいせき)して生成した土壌をいう。流水の種類により河成水積土、海成水積土、湖成水積土に分けられる。このうちもっとも重要なのは河成水積土で、河川沖積地のほとんどを占め、土性は砂と粘土が半々くらいの壌質から大部分が粘土の粘質で、日本の場合、その多くが水田として利用されている。湖成水積土には泥炭や黒泥土が存在する。河口付近では河川流と海水の両作用で干拓地土壌ができる。

[小山雄生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android