水船六洲(読み)みずふね ろくしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水船六洲 みずふね-ろくしゅう

1912-1980 昭和時代の彫刻家。
明治45年3月26日生まれ。昭和11年文展鑑査展に初入選,以後新文展,日展に出品し特選,42年内閣総理大臣賞。46年芸術院賞。絵画的な彩色をほどこした木彫を制作。昭和55年6月30日死去。68歳。広島県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は田中六洲。作品に「燭明り」「紡ぎ唄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android