コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水谷 竹紫 ミズタニ チクシ

1件 の用語解説(水谷 竹紫の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

水谷 竹紫
ミズタニ チクシ

明治〜昭和期の演出家,劇作家 第二次芸術座主幹。



生年
明治15(1882)年10月8日

没年
昭和10(1935)年9月14日

出生地
長崎県

本名
水谷 武

学歴〔年〕
早稲田大学文学部〔明治39年〕卒

経歴
文芸協会から大正2年島村抱月芸術座理事。また第2次「早稲田文学」の劇評を担当。「やまと新聞」、「東京日日新聞」の記者となった。13年第2次芸術座を再興、演出、経営に尽力、義妹の水谷八重子を育成した。昭和7年には中村吉蔵と雑誌「演劇」を主宰。戯曲「戦国の女」、小説「熱灰」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone