コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野常倫 みずの・じょうりん

朝日日本歴史人物事典の解説

水野常倫

没年:昭和2.5.5(1927)
生年:嘉永1.11.5(1848.11.30)
江戸末から明治大正期の曹洞宗の尼。号は天明。尾張大野(愛知県大野町)の清水治平衛の3女。俗名琴子。9歳で近隣の微笑堂の観光尼に従って仏門に入る。のち,名古屋の水野平蔵の養女となる。明治35(1902)年,「全国尼僧取締役」となり,翌年,愛知県東春日井郡高蔵村薬師堂に私立尼僧学林を開き,2年後には曹洞宗の宗立として認可された(現愛知専門尼僧堂)。その後も各地に招かれて説法したが,晩年失明,弟子たちの篤い看護のもとで,尼教育につくし,近代尼の地位を築いた生涯を閉じた。<参考文献>曹洞宗尼僧史編纂会編『曹洞宗尼僧史』

(熊本英人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

水野常倫の関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android