コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野廬朝 みずの ろちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野廬朝 みずの-ろちょう

1752-1836 江戸時代後期の浮世絵師。
宝暦2年生まれ。幕臣で,使番,大坂目付などをつとめる。余技にえがいた肉筆美人画がおおい。俳諧(はいかい)を谷素外にまなび,素外編「誹諧世吉(よよし)の物競(ものくらべ)」などの挿絵もかいた。天保(てんぽう)7年1月22日死去。85歳。名は元敏,元休。通称は小十朗。別号に路眺,清線館,長丘斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

水野廬朝の関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)コンバウン朝タウングー朝談義本ナッシュアラウンパヤータウングー朝賀茂真淵(かもまぶち)滑稽本コンバウン朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android