コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野廬朝 みずの ろちょう

1件 の用語解説(水野廬朝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野廬朝 みずの-ろちょう

1752-1836 江戸時代後期の浮世絵師。
宝暦2年生まれ。幕臣で,使番,大坂目付などをつとめる。余技にえがいた肉筆美人画がおおい。俳諧(はいかい)を谷素外にまなび,素外編「誹諧世吉(よよし)の物競(ものくらべ)」などの挿絵もかいた。天保(てんぽう)7年1月22日死去。85歳。名は元敏,元休。通称は小十朗。別号に路眺,清線館,長丘斎など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

水野廬朝の関連キーワード談義本ナッシュ滑稽本中村歌右衛門郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone