コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水銀座 すいぎんざ

世界大百科事典 第2版の解説

すいぎんざ【水銀座】

中世,伊勢国飯高郡丹生(現,三重県多気郡勢和村)産出水銀の特権的な取引に従事した商人団。水銀とその原鉱辰砂は医薬品用,顔料白粉原料等として用途が広く,すでに文武元明天皇のころから伊勢産水銀の貢納が行われていた。弘仁年間(810‐824)には諸国から集まった鉱夫や商人で戸数1000から2000軒におよぶ鉱山町が出現したという。鎌倉初期の建久年間(1190‐99)に本所伊勢大神宮神官と水銀座が争った史料が残されているので,座の成立はおそらく平安時代にさかのぼることが考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水銀座の関連情報