コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水銀座 すいぎんざ

1件 の用語解説(水銀座の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいぎんざ【水銀座】

中世,伊勢国飯高郡丹生(現,三重県多気郡勢和村)産出水銀の特権的な取引に従事した商人団。水銀とその原鉱辰砂は医薬品用,顔料白粉原料等として用途が広く,すでに文武・元明天皇のころから伊勢産水銀の貢納が行われていた。弘仁年間(810‐824)には諸国から集まった鉱夫や商人で戸数1000から2000軒におよぶ鉱山町が出現したという。鎌倉初期の建久年間(1190‐99)に本所の伊勢大神宮の神官と水銀座が争った史料が残されているので,座の成立はおそらく平安時代にさかのぼることが考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水銀座の関連キーワード大河内伊勢白粉多気宮飯高駅奥伊勢おおだい敢忍国飯高笠目飯高諸高伊藤五太夫三井殊法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水銀座の関連情報