水銀座(読み)すいぎんざ

世界大百科事典 第2版の解説

すいぎんざ【水銀座】

中世,伊勢国飯高郡丹生(,三重県多気郡勢和村)産出水銀の特権的な取引に従事した商人団。水銀とその原鉱辰砂は医薬品用,顔料白粉原料等として用途が広く,すでに文武元明天皇のころから伊勢産水銀の貢納が行われていた。弘仁年間(810‐824)には諸国から集まった鉱夫商人で戸数1000から2000軒におよぶ鉱山町が出現したという。鎌倉初期の建久年間(1190‐99)に本所の伊勢大神宮の神官と水銀座が争った史料が残されているので,座の成立はおそらく平安時代にさかのぼることが考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android