コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水銀法 すいぎんほう mercury process

4件 の用語解説(水銀法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水銀法
すいぎんほう
mercury process

食塩水を電気分解して塩素と水酸化ナトリウム (カセイソーダ) を製造する方法の一つ。陰極に水銀,陽極に不溶性金属極または黒鉛を用いて,食塩水を電解すると,陽極に塩素,陰極にナトリウムアマルガムが生成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すいぎん‐ほう〔‐ハフ〕【水銀法】

陰極水銀を、陽極炭素を用いて食塩水を電解し、塩素水酸化ナトリウムを製造する方法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいぎんほう【水銀法】

食塩水を電気分解して水酸化ナトリウムと水素・塩素を得るとき、陰極に水銀を用いる方法。廃棄物に含まれる水銀の環境汚染が問題となり現在使われていない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水銀法
すいぎんほう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水銀法の言及

【食塩電解】より

…食塩水を電気分解して水酸化ナトリウムNaOHと塩素Cl2を製造する工業的方法。隔膜法,水銀法,イオン交換膜法の三つの方法がある。
[隔膜法]
 アスベスト隔膜を用いて仕切った2室からなる電解槽の1室にDSE陽極(チタンTi板の表面に酸化ルテニウム(IV)RuO2などの電極触媒を付けた電極。…

【水酸化ナトリウム】より

…NaCl水溶液では次のイオン4種が存在し NaCl⇄Na+Cl H2O⇄H+OHこれを電解すると陰極でアルカリが生成するが,そのままでは陽極に生じたCl2と混合して Cl2+OH⇄ClO+Cl+H2Oが右に進むので,生成物が消費される。そのため生成物相互を分離するくふうがなされ,その方法には隔膜法,水銀法,イオン交換膜法の3種がある。発電機の発達した19世紀後半から直流電流を用いての工業的規模の電解が可能になった。…

【ソーダ工業】より

…また1861年には品質面,コスト面で優れるアンモニアソーダ法(ソルベー法)がベルギーのE.ソルベーによって発明され,さらに90年にはドイツで塩水の電気分解(食塩電解)により,苛性ソーダ,塩素および水素を製造する電解法が工業化された。電解法は隔膜法と水銀法の2種に大別できるが,水銀法はより高純度の苛性ソーダを得られるため,第2次大戦後支配的になった。 日本のソーダ工業は欧米より90年遅れて1881年,パルプ製造に使用するソーダを国産化すべく大蔵省印刷局でルブラン法により東京丸ノ内で工業化されたのを始まりとする。…

※「水銀法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水銀法の関連キーワード塩水生理食塩水食塩注射立塩いりこ塩水氷塩水漬け食塩相当量生理的食塩水比推定

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone