水銀法(読み)すいぎんほう(英語表記)mercury process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水銀法
すいぎんほう
mercury process

食塩水を電気分解して塩素水酸化ナトリウム (カセイソーダ) を製造する方法の一つ。陰極水銀陽極に不溶性金属極または黒鉛を用いて,食塩水を電解すると,陽極に塩素,陰極にナトリウムアマルガムが生成する。後者を解汞 (かいこう) 槽に水とともに入れると,水酸化ナトリウムと水素が生成する ( 2NainHg +2 H2O → 2NaOH + H2 + Hg ) 。隔膜法より消費電力は大きいが,純度が非常に高いので繊維工業用に適している。しかし水銀による公害問題から現在日本国内では実施されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

すいぎんほう【水銀法】

食塩水を電気分解して水酸化ナトリウムと水素・塩素を得るとき、陰極に水銀を用いる方法。廃棄物に含まれる水銀の環境汚染が問題となり現在使われていない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水銀法の言及

【食塩電解】より

…食塩水を電気分解して水酸化ナトリウムNaOHと塩素Cl2を製造する工業的方法。隔膜法,水銀法,イオン交換膜法の三つの方法がある。
[隔膜法]
 アスベスト隔膜を用いて仕切った2室からなる電解槽の1室にDSE陽極(チタンTi板の表面に酸化ルテニウム(IV)RuO2などの電極触媒を付けた電極。…

【水酸化ナトリウム】より

…NaCl水溶液では次のイオン4種が存在し NaCl⇄Na+Cl H2O⇄H+OHこれを電解すると陰極でアルカリが生成するが,そのままでは陽極に生じたCl2と混合して Cl2+OH⇄ClO+Cl+H2Oが右に進むので,生成物が消費される。そのため生成物相互を分離するくふうがなされ,その方法には隔膜法,水銀法,イオン交換膜法の3種がある。発電機の発達した19世紀後半から直流電流を用いての工業的規模の電解が可能になった。…

【ソーダ工業】より

…また1861年には品質面,コスト面で優れるアンモニアソーダ法(ソルベー法)がベルギーのE.ソルベーによって発明され,さらに90年にはドイツで塩水の電気分解(食塩電解)により,苛性ソーダ,塩素および水素を製造する電解法が工業化された。電解法は隔膜法と水銀法の2種に大別できるが,水銀法はより高純度の苛性ソーダを得られるため,第2次大戦後支配的になった。 日本のソーダ工業は欧米より90年遅れて1881年,パルプ製造に使用するソーダを国産化すべく大蔵省印刷局でルブラン法により東京丸ノ内で工業化されたのを始まりとする。…

※「水銀法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android